読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

準備の整っている女は美しい

こんにちは、サウスピーク・ウェブマーケティングインターンのShunです。

僕は現在セブ島の語学学校サウスピークでインターンをしています。サウスピークのウェブサイトでは主に英語学習に関連することTOEICの分析などを書いているので、もう少しフランクに記事を書ける場を求めて、このはてなブログにたどり着きました。

--------------------------------------------------------------------------------------

先日Youtubeで森高千里のライブ映像を見ていて、ハッとするほど美しい瞬間に出会いました。以下の映像の5分37秒辺りです。

www.youtube.com

 

呼吸を整え、髪の乱れを直し、遠く前方を見つめる彼女はライブ会場の中、その一瞬だけ空気が変わるかのような美しさでした。

 

この映像を見て、もう一つ思い出す人がいました。

 

壇蜜です。

 

その時に思い出したのは、こちらのYoutubeの映像でした。

www.youtube.com

この映像の中にもハッとするほど美しい瞬間を見つけ、昔繰り返し見ていたことを、森高千里の映像を見た時に思い出しました。ちょうど44秒の辺りです。

最後に全員で合わせるダンスシーンの直前に一人列に加わった後、タイミングを合わせるかのように一つ頷きます。

その他の場面では”アラサーちゃん”を演じていた壇蜜ですが、この頷きだけは壇蜜本人のものです。

 

なんで壇蜜を思い出したのだろう・・・と考えていて思い当たったのは、どちらも非常に準備をするタイプの人である、ということです。

 

「私がおばさんになっても」と歌いつつ、一向におばさんにならない森高千里。
「職業:エロいお姉さん」として、周囲から期待される役割を着実にこなす壇蜜。

 

どちらも並大抵の準備ではできないことです。
もちろん、準備したら誰もができることではないでしょう。
だからこそ、森高千里は森高千里なわけですし、壇蜜は壇蜜なわけです。

 

紹介した2つのYoutubeの映像の中で僕が惹かれたのは、どちらも仕事をする中での「隙間」を捉えた瞬間でした。

 

予定していたフェーズを1つこなし、やや安堵しつつも、次にしなければならないことを頭の中で反芻しながら、「職業としての自分」を整える。

 

そんな瞬間が今日紹介している2つの動画の中では見ることができます。

 

彼女たちが今まで積み上げてきたこと。その瞬間にどれだけ賭けているのか。今後に向けての確固たる決意。


その瞬間は今までの過程を雄弁に語り、不思議と僕を惹きつけて離しません。
それまでに準備を重ねてきた人に、ときどき、魔力が宿ることがあります。
この2つのYoutubeを見て、僕はその瞬間が本当に好きであることを発見しました。

女性が化粧してる様子を見るのもすごく好きなんですが、このあたりの話と関係しているのかもしれません。それはまた別の話。

 

まぁ、考えてみれば、僕は滅法事前の準備ができない(あるいはしない)ので、そういう風に準備を整えて人の前に出る行為は自分にとって欠けている要素なので、余計に惹かれるのかも知れませんね。

 

計画性であったり、事前準備が僕に足りないことなのだなと最近気付かされました。(もっと早くから気付いておけよ、という話ではありますが。)

 

本日の結論:準備の整っている女は美しい