読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダバオで英語が通じにくい件 -あるいはセブで英語が通じやすい件-

こんにちは、Shunです。

最近、フィリピンの生活にも慣れてきたので、セブ以外の都市や地域へも旅行するようになりました。

それに伴い、気づいたことが1つあります。

セブって英語を学習するには本当に良い環境だったんですね。

なぜ、改めてこのようなことを言っているのかというと、今まで他の島や少し離れた地域に旅行に行って英語が少し通じにくかったりするのは、田舎に来たからだろうなという認識でした。

しかし先日、フィリピン第3の都市と言われるダバオに行ってきました。

そこで、英語の通じないことよ。

セブの感覚に慣れてしまうと、その通じなさに驚くほどでした。

例えば、レストランで食事をした時のことです。

日本酒を頼んだ時に、熱燗を頼もうと思って、「hot」と伝えても、「Cold?」と聞き返されるばかりです。一応発音矯正に定評のあるサウスピークにて発音矯正を受け続けているので、これくらいは通じるはずです。 

f:id:shunsouspeak:20161109174234j:plain
なかなか英語が通じずに苦労しながら頼んだ熱燗

他にも宿泊先の清掃スタッフに話してみてもちょっと英語が怪しかったり、ジプニーでは英語があまり通じないのでタガログ語を覚えてみたり。

なので、ダバオで何か頼む時は意図的に文を短くしたり、単語だけで話してみたり、指差しだけで会話を(久方ぶりに)してみたり、と自分が周りに合わせる必要がありました。

当初は、フィリピンだからみんなが英語をある程度うまく話せるんだろうと思っていたのですが、そういうわけではなかったことに気づきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の気づきをきっかけに、フィリピンの他の地域と比較したセブでの英語学習での利点をまとめてみました。

セブが英語学習に良い環境である理由1
綺麗な英語を話す講師が他の地域に比べて多い

f:id:shunsouspeak:20161109153915j:plain

その地域の平均的な英語レベルが高いほどトップ層のレベルも一般的には引き上げられます。アメリカの企業のコールセンターが多数設置されているように、高い英語レベルを有しているセブにおいては、英語講師の質も他の地域に比べて高いです。この点に関してはおそらくフィリピンの首都のマニラにも当てはあるのではないでしょうか。(僕はマニラに行ったことがないので推測の範疇を出ませんが。)

セブの優秀な講師陣と共に英語を学習することで、それほどアクセントの強くない、アメリカアクセントに近い英語を学習することができます。

セブが英語学習に良い環境である理由2
実践の場に溢れている

f:id:shunsouspeak:20161109155114j:plain

セブにおいては語学学校の中ではもちろん、学校の外においても英語を使う実践の場がたくさんあります。観光客が多い土地柄もあり、タクシードライバーからレストランの店員さんまで、基本的にはほぼ全ての場所で英語が通じると考えて大丈夫です。

ですので、語学学校の外に出てみれば、実際に自分の英語を試してみることができる理想的な環境です。特に初学者〜中級者に関しては、英語が第一言語の国に比較すると話すスピードもゆっくりなので、最初に英語を生活の中で使ってみる場としても適しているでしょう。

おそらく(僕はほぼ確信していますが)英語初学者〜中級者の方は英語を第一言語とするネイティブスピーカーの言っていることは90%以上分からないと思います。そして90%以上相手の言っていることが分からないとなると、むくむくと持ち上がってくるのは「怖い、もう話したくない」という気持ちです。

よく「フィリピン人の英語とネイティブスピーカーの英語は違う」と言われることもありますが、確かに違います。ただその違いが、全く種類の異なる英語であるかといえば、それもまた違います。フィリピン人の英語とネイティブスピーカーの話す英語は地続きです。フィリピン人の話す英語がより速くなり、ネイティブスピーカーに特徴的ないくつかの音の消失が加われば、よりネイティブスピーカーに近づくでしょう。

一方日本人の話す英語はそれらの英語とは全く別物で、基本的な音が話せていない全く通じない英語であることが多いです。なので、フィリピン人から学ぶことには大きな意味があります。

セブが英語学習に良い環境である理由3
暮らしやすい環境

f:id:shunsouspeak:20161109160130j:plain

適度に羽も伸ばせる良い環境です。少し遠出をすればビーチや森など、自然はたくさんありますので、リフレッシュする場所には事欠きません。また、街中にもそれなりにレストランもあります。日本食もありますし、イタリアン、スペイン料理、中華、韓国料理などなど色々選べます。

そして、何より、マニラなどに比べたら安全であることも勉強に集中しやすいポイントの一つです。もちろん、不用意な夜間の外出を避ける、知らない人には気を許さないなど、自分でリスクを回避する行動はする必要がありますが、基本的にはそれほど危険な状況に巻き込まれることはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに今回はフィリピンの他の地域と比較したセブでの留学の利点をまとめましたが、フィリピン留学自体に関する概要としてはサウスピークのこちらのページがよくまとまっていると思います。

フィリピン留学 学校選びの基準について | フィリピン語学学校|フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク